予備知識

MENU

シンガポールの予備知識

シンガポールに関するあれこれをまとめています。基本的にはシンガポールでの就職・転職に影響のある記事ではありませんので予備知識として見てもらえれば幸いです。

予備知識記事一覧

シンガポール共和国はマレー半島から独立した国家です。シンガポール国籍の華人(中国人)が人口の約77%を占めていてマレー系は14%、インド人8%という人種構成となっています。シンガポールは大統領と首相があり、人民行動党が圧倒的権力を持っています。シンガポールを現在の形に主導したのが1959年から首相になったリー・クアン・ユー(シンガポール建国の父)です。リー・クアン・ユーの功績は多国籍企業の誘致によ...

シンガポールの国土は日本の東京23区や淡路島と同じぐらいの大きさで、そこに約500万人が生活しています。その小さな国に住まう多くの人に提供される水は貴重な資源です。しかしシンガポールは高い山や、川が無いため家庭用水、工業用水の確保は以前から問題となってきました。シンガポールでは年間を通してスコールによる雨があり、これを貯水池に貯めている状況で日々の水は隣国のマレーシアからパイプラインを引いて購入し...

シンガポールは多民族国家と言われている通り、華人77%、マレー人14%、インド系8%となっています。街を歩いてると多様な民族に出会う事に驚く事でしょう。仏教・道教は44%、キリスト教18%、無宗教17%、イスラム教15%、ヒンドゥー教5.1%となっています。マレー系はほとんどがイスラム教徒。華人は仏教・道教、キリスト教、様々です。MRTチャイナタウン駅から徒歩5分にはシンガポール最古のヒンドゥー教...

これからシンガポールで仕事をしたいという人、実際に1度行ったことがある人もない人も居ると思います。まだ行ったことのない人はシンガポールで働くにしても現地にはぜひとも1度は行かれることをオススメします。日本国内でも仕事を探すことはできますが、いってみて人種の多さ、商売の習慣や、現地人の考え方などに触れて、自分がめざすところと間違いなさそうだと思ったら就職活動をされると良いでしょう。ここではシンガポー...